スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無花果ジャム

いちじくジャム

加熱用の無花果がお買い得だったので、ジャムを作りました。
きび砂糖を使ったので色が悪いのですが、
果肉ごろごろなタイプと、崩したタイプと2種類。

時々季節の果物を使ってジャムを作りますが、これが不得手。
煮詰めすぎて飴の様にしてしまったり、ゆるすぎてたらたらだったり。
ちょうどいい加減、が難しくて。

に聞いても、適当(大体何を聞いてもこんな感じ)なのよねぇって。
ちっともヒントにならないので、今回は一緒に作ってもらいました。
すると、適当って言ってもいい加減ってワケじゃ無かったのネって感じ。
難しいコトは何もしていないけど、それなりに手はかけてるんだなぁ。
こういうところ、やっぱり叶わない。見習いたいデス。
次はひとりで「ちょうどいい加減」を目指そう。

今回ちょっと甘めに仕上がってしまった無花果ジャム。
母の手作りジャムを楽しみにしている子供達の反応が楽しみ^m^

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
無花果ジャム、美味しそう~♪ ヨーグルトにかけたいっ!
ごろごろタイプと崩したタイプ、
きちんと2種類作るのが かおりさんらしいです!
無花果、ぷつぷつ&柔らかい独特の食感が良いのですよねぇ (≧▽≦)

「ちょうどいい加減」って、難しいですよね。
レシピどおりにしか作れない私は
料理本を読むと「適宜」「適量」に困ります(笑)
「○○分煮る」とか「小さじ○杯」とか
ハッキリ数字で示して欲しいわ・・・ (=_=)
  • あかり#M5OZt5x6
  • URL
  • 2010.10.31(Sun)
  • Edit
あかりさん

母と同じコトを言ってる~。
ヨーグルトにごろごろ(ほんとに1粒ごろんです)美味しそう~って。笑
ジャム、崩れたのもごろごろもどちらも好きなんですよ^m^
無花果って子供の頃は、あまり好きじゃなかったケド
味覚って変わりますね~~
なると屋さんでは天ぷらで出てたなぁ・・・また食べたい。
なんか、元々フランスの無花果の栽培に成功して
今年出回る様になったという品種の無花果があるんですけど、
今までの物とは色合いも違っていて、これも美味しかったデス。

そうそう、ワタシもレシピどおりにしか作れません^^;
ニンジン1本とか書いてあっても、大1本とか書いてあっても、
判断に困るほどです。小さくでいいからgも書いて欲しい。笑

今回、母のジャム作りを見てて、
あらためて自分の融通の利かない料理っぷりに凹みました^^;
まさに、臨機応変、適宜、って感じなんですよ~
その時の果物の状態、鍋の状態を見て決める、みたいな。
そのあたりを、適当ってまとめる母。
だから聞いただけではさっぱり分からないんですよねぇ。
もっと子供の頃から、傍で眺めてれば良かった、
と今更後悔しています。遅すぎ。
でも、お手伝い嫌いだったんですよねぇ。
母も、お手伝いさせるタイプでも無かったし。
はぁ。ワタシには料理の才能は無いな、とあらためて思いました。ぷぷ。
  • かおり#ZkYBHfFo
  • URL
  • 2010.11.01(Mon)
  • Edit

PROFILE

かおり

Author:かおり
子どもと夫の5人暮らし。

更新はスローですが
コメント・メールお気軽にどうぞ。

MAIL

name:
mail address:
title:
text:

SEARCH

COUNTER


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。