スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦茶碗

古谷信男さんの飯椀

石岡信之さんの個展(⇒石岡さんの個展)の前に、うつわ屋さんで一目惚れ。
古谷信男さんの粉引きの飯椀。夫婦お揃いで買ってきました。
お気付きかもしれませんが、粉引き、面取り、しのぎ、大好きなんです。
汁椀が、朱色の漆(⇒岩舘隆さんの塗りもん)、
他にも普段使いにしている漆の器があるので、相性も良さそう。

↓砥部焼の飯椀を家族で使っていますが、(⇒夫婦茶碗)
つるんとした磁器を使っていると、陶器が恋しくなるんですよね。

砥部焼の飯椀

しかも、丈夫と言われる砥部焼を、ハナは割ってしまったし・・・
夫婦&タロの器は無事なので、ハナ&ジロのをもう1度注文しようかな。
(写真で言うと、1番右のサイズ。小さくて可愛いかったです。)

古谷さんの飯椀も、もうワンサイズ小さい物があればいいのにな。
先日、石岡さんにも子供椀を作る予定は無いのか聞いてしまったのですが、
ほんと、小さい子サイズってなかなかシンプルな感じでは無いんですよね。
家族茶碗って感じで、サイズ違いでお揃いに出来ると嬉しいんだけどな。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

PROFILE

かおり

Author:かおり
子どもと夫の5人暮らし。

更新はスローですが
コメント・メールお気軽にどうぞ。

MAIL

name:
mail address:
title:
text:

SEARCH

COUNTER


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。