スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後藤義国 イワキリ・レジーナ 二人展

GW以来の熊本のうつわ屋さん。
後藤さんご夫妻の二人展です。

IMG_20140622_204704.jpg

優しいアイボリーのしのぎと、
シンプルだけど、温かみのある黒い器。

IMG_20140622_201727.jpg

ギャラリースペースは、落ち着いた
大人な空間になっていました。

IMG_20140622_204756.jpg

後藤さんの作品は、
比較的お手頃かつ、多用に使えるので、
とても重宝しています。

IMG_20140622_204534.jpg

難易度が高く感じてしまい、
積極的に手を出したことのない黒い器ですが、
白×黒の組み合わせは、締まりますね。

IMG_20140622_201625.jpg

器欲は、本当に尽きる事がないため、
意識的に少しずつ集めるようにしていますが、
素敵な作品ばかりで…
今回もかなり迷って購入してきました。

試行錯誤しながら、楽しく日々の暮らしの中で、
大切に使っていきたいと思います。
スポンサーサイト

うつわ屋 後藤義国×増渕篤宥 二人展

後藤義国×増渕篤宥 二人展

熊本のうつわ屋さんで「後藤義国×増渕篤宥 二人展」が始まりました。

初日が園行事と重なりオープンには伺えませんでしたが、
しばらくお邪魔できずにいたので、楽しみにしていたのです^^

二人展ならではの展示

二人展だからこその展示にも目を惹かれ、
合わせて使う楽しさを感じられました。
うつわ屋さんの意図がよく分かります。

全然違うように思っていたのに、不思議です。
うつわの組み合わせはやはり奥深いですねぇ。

ホワイト×グリーン

後藤さんの器を個展で拝見するのは2年ぶり。
二人展ということで、アイテム数は絞られてたように思いましたが、
変わらない佇まいはやっぱり素敵でツボ♡

増渕さん♪

増渕さんの器も質感は後藤さんの器とは全然違うんですけど、
上品は雰囲気は共通しているというか。こちらもすごく素敵!
焼き物って土とか焼成温度とかで、こんなに違うんだなぁ。
語彙の少なさが恨めしいですが^^;

お三方♪

(ピンずれですが)後藤さん、増渕さん、うつわ屋さんのお三方。
素敵な方ばかりでした^^楽しい時間をありがとうございました。

子ども&カバン置き忘れでお騒がせして申し訳ありませんでした^^;
次回も楽しみにしてマス♡

今回の二人展は7月8日(日)までですよ~。
お近くの方もそうでない方もぜひぜひ。

瑠璃色の花模様

余宮さんの個展作品は本当にどれも素敵だったのです。
だけども、ちょっと見送り。

今回購入したのは大鉢。

瑠璃色の花模様

作り手さんのお名前は失念しちゃいましたが、
ご主人が器の形を、奥様が絵付けをされているとか。

和食器を使ったおもてなしも、少しずつ出来ればなと
大きめの鉢や皿は出会いがあれば!と思っていたので。

石岡さんの花大皿と

ハナにもかわいい~と好評。
同じくかわいめの石岡さんの花大皿と合わせてもいいかな?

どうしても「かわいい」を選んでしまいがち。
シンプルな器も手に入れて、テーブルを締めたいな。

収納スペースとお財布事情を考えると、あれもこれもは無理ですが…
器の重ね使いもできそうな8寸プレートと、
プレートにも載せられて、単独でも使えるボール系のもの。
これらと大鉢、大皿はどこでもチェックしているところ。

プレートは、角田さん(白)、宇田さん(茶)、加藤さん(黒)が現在の候補。
でも新道工房さんの黄瀬戸っぽい灰釉も気になってる。
なかなか見ることができないんだけど。こんな感じで早数年。
最終的に10枚くらい欲しいんだけど、あえてばらばらとかもいいかな~。
ゆっくり揃えていこう^m^

石岡さんの器

今回の個展で。。。

うつわ屋さんの個展で購入した、石岡さんの器。
一輪差しはお正月に南天とか千両を活けて、
木の鏡餅と並べて飾りたいなと思っていて、
個展で出会いがあったらと考えていたので。

にんにくみたいなぷっくりとした花器も欲しいんだけど、
鏡餅と合わせるならまずはこちらかな、と。

片口はこげ茶の色合いとすっきりなフォルムが
花皿の可愛さを締めてくれそうだったので、2サイズとも。
うつわ屋さんの一押しだって。

子供達の線彫りの飯椀

そして、子供達用の飯椀。
それぞれ白平・淡青・線彫が2サイズずつあって、
無地の物もすごく惹かれたんだけど、、、今回は線彫りで。

小さいサイズは子供用だけでなく、小食の女性にも良さそう。
ワタシは足りないけど・笑
タロサイズともう少し大きいサイズを買い足して、
夫婦茶碗、ではなく家族茶碗にしたいなぁ^m^

小サイズの飯椀と浄法寺塗りの子供椀と並べて

浄法寺塗りのお椀と。こちらはハナセット。
何れはジロにも。(まだジロには陶器も漆器も恐ろしい~)

中サイズの飯椀と浄法寺塗りの子供椀と並べて

さらにタロのお茶碗と並べてみる。
むぅ~ 自己満足。

余宮さんのドットのボール

ちなみに今使ってるのは、余宮さんのドットのお椀。(⇒余宮隆展)
この3つは昨年の個展で買ったもの。
飯椀2つはいらないんだけど、これは元々飯椀じゃないから、
小鉢やボールとして使えば用途はかぶらない!と得意の言い訳・笑

サイズ的には、余宮さんのドットの器の方が、
石岡さんの飯椀よりも小さいので、今使うにはぴったりかなという感じ。
気分で変えても良いかな^^

うつわ屋 石岡信之展

石岡信之さんの個展 その1

熊本のうつわ屋さんで始まった、石岡信之さんの個展。
今回も(張り切って)初日に行ってまいりました♪

店内は圧倒される数の石岡さんの器!器!器!
個展準備の為お正月休みも無かった、と仰っていた石岡さん。
ありがとうございます&お疲れ様でした。お陰でものすごく楽しい時間でした!


というワケで興奮状態継続中。
へたっぴな写真ですが。。。数だけはあります(笑)
興味のある方はスクロールをお願いします^m^

石岡信之さんの個展 その2

いつもながらうつわ屋さんのセッティングも、
器を引きたてる様なお花のディスプレイも、
ぐっと引きこまれる世界観^^

石岡信之さんの個展 その3

石岡信之さんの個展 その4

石岡信之さんの個展 その5

初めて見る器も

石岡信之さんの個展 その6

そうじゃない器も

石岡信之さんの個展 その7

石岡信之さんの個展 その8

どれもこれも欲しくなってしまう~~。
沢山のお客さんが次々に手に取る器も気になりつつ、
楽しくもあり、とても辛くもある時間(笑)

石岡信之さんの個展 その9

そんな中で1番テンションが上がったのがコチラ。
線彫りの飯椀、小サイズ。
うつわ屋さんで初お披露目、という口径およそ10cm。
子供サイズの飯椀です。

前回の個展で、小さい子供の手にあう大人と同じ飯椀が
あったらいいなぁ、なんてリクエストをしていたワタシ。

この器を見て興奮しないワケがありません。
(もちろん他のリクエストとか、石岡さんのお考えがあっての事で偶然なんだろうけど)
密かに線彫りの子供サイズあればーなんて思ったいたのでこれは即決。

持ち帰った器はまた別にUPしますネ^^(って興味ないですかねっ)

うつわ屋さんでの個展は3/13まで。
作家さんは本日26日まで在店されるそうですヨ。
完売してしまった器もありますが、興味のある方はぜひ~。

PROFILE

かおり

Author:かおり
子どもと夫の5人暮らし。

更新はスローですが
コメント・メールお気軽にどうぞ。

MAIL

name:
mail address:
title:
text:

SEARCH

COUNTER


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。